Si業界はやめとけと言われることも多いですが、実はメリットも多いです。
特に若いエンジニアからすると、SI業界で働いた経験が後々有利に働くことがあり、あえてSI業界で経験を積んで転職する人もいます。

SI業界で働くメリットとして大きいのは、未経験OKの企業が多い点でしょう。
プログラミングスクールに通ってプログラミングを学ぶと、基本的に10万円以上かかりますが、SI業界の企業の中には新入社員研修でプログラミングを教えてくれることも多いです。
未経験でもお金をもらいながら、プログラミングを学んでエンジニアとして働けるのは魅力的でしょう。
また、いろいろな現場を経験できるのもSI業界のメリットです。
いろいろな現場を経験することで、将来のキャリアの幅を広げられます。

ただ、SI業界は経験を積んだエンジニアほど、デメリットが顕著です。
SI業界はエンジニアを派遣するサービスなので、取引先はエンジニアの実力に応じた報酬を支払いますが、エンジニア本人は月収制となっています。
実力のあるエンジニアほど、実際の単価と会社から受け取れる給料の差が開いていることも珍しくありません。
そのため、自分の能力に見合った給料が得られるそのほかの業界へ転職したり、自分で仕事を選べるフリーランスへ転身したりするエンジニアがいるのです。

SI業界で活躍できるかどうかは、所属する会社の営業担当者次第な面が強い傾向にあります。
営業担当者が上流工程の案件を持ってこられないと、いくら実力があっても下流工程ばかりで経験を積めません。
転職活動時の面接で、営業担当者がどんな人かまでは把握できないので、こればかりは運次第なのが辛いところでしょう。