SI業界で働くシステムインテグレーターの主な業務は、複数のシステムやアプリケーションを連携・統合し、1つのシステムないしソリューションとして顧客に提供することです。
具体的には、実際にシステムを利用する顧客から、直接発注を受けるところからはじまります。
顧客の要望を取りまとめたうえで、システム開発会社にシステム開発を発注・委託するのです。
そして、パッケージソフトを調達したり、調達したシステムやソフト群を統合したりします。

システムを利用する顧客自身が、この業務を自前で行えれば、わざわざSI業界を挟まずに、より低コストで自社システムの構築が可能です。
そのため、一般企業や官公庁では、SI業界のエンジニアを積極的に採用する傾向にあります。

一般企業のシステム部門の役割は主に、社内システムを利用する際のサポートが挙げられるでしょう。
そのほか、サーバーやネットワーク機器などの調達や整備、社内システムの新規構築や改修も含まれます。
SI業界から転職したエンジニアであれば、社内システムの新規構築や改修を担当する可能性も高いです。

SI企業から、システム開発会社などに転職するケースもあります。
この場合には、顧客の要望を取りまとめたり、発注先のシステム会社などを監督したりするスキルが必要です。
社内のシステム開発を管理・監督する、プロジェクトマネージャーとしてのキャリアを歩む人が多いでしょう。
プロジェクトマネージャーになるなら、システム開発に関わる勉強が欠かせません。